取組概要

「富山県総合デザインセンターは、デザイン活用によるビジネス活性化を目指し、「商品開発」「人材育成」「情報発信」の3つの軸で、県内企業をバックアップしています。


デザイン視点で、魅力ある商品開発を。
デザイン相談への対応、デザイナーとの連携や企業との共同開発、デザインコンペ やワークショップの開催に取り組んでいます。これらの活動を通して、デザイン視 点から県内企業の商品開発をお手伝いしています。また、デザイン性と機能性に優 れた富山生まれの製品を「富山プロダクツ」に選定し、その販路開拓も積極的に行っ ています。
  • デザインの相談(高岡地区・富山地区・新川地区)
  • デザインウエーブイン富山の開催
  • 商品開発研究会の開催
  • 富山プロダクツの選定
人を結び、知識もスキルも磨いていく。
第一線で活躍する専門家を講師に招いて、定期的にデザインセミナーを開催してい ます。県内企業やデザイナーの皆さまの、デザイン知識の醸成や情報交流を進めて います。このほか、デザインを検討するモックアップ(模型)の制作設備の開放や、 カタログ用の商品写真を撮影するデジタル撮影スタジオの操作指導など、デジタル デザインの普及に努めています。
  • デザイン講習会・ナイトフォーラムの開催
  • ブランドデザイン基礎講座の開催
  • 各種モックアップ制作設備等の開放・操作指導
デザインへの意識を高める、多彩な情報発信。
国内外のデザインに関する書籍を収集したライブラリーを、広く一般に開放してい ます。また、最新のデザイン情報やデザインセンターの取り組みを紹介する情報誌 「Offer」を発行し、デザインへの意識を高める活動も行っています。
  • デザインライブラリーの開放
  • 機関誌「offer」の発行
  • 企業経営者との面談や各種団体での講演活動